駐車場満空監視誘導システム
ドライバーのスムーズな施設利用を支援

Overview

システムの概要

監視カメラの映像をAIで画像処理、パーキングエリア等の混雑状況を通行車両に伝達します。

駐車場に設置したカメラ映像を画像処理することによって駐車場の混雑状況を自動判定し、表示板により利用者(通行車両)を空きスペースに誘導します。
また、AI型画像認識を使用することで、車両認識率の向上や検出機能の多様化が可能となります。

Features

システムの特長

道路利用者の施設利用を支援

駐車場内の案内情報板や本線上の休憩混雑情報板に駐車場の混雑状況を表示して情報提供を行うことで、道路利用者のスムーズな施設利用に貢献します。

逆走の未然防止に貢献

駐車場から本線への逆走による乗り入れ検知を行い、万一逆走を検知した場合は交通遮断器で入退場を制限します。

コスト削減・工事期間短縮に貢献

監視カメラ映像の画像処理で混雑状況を自動判定するため、駐車場内への大量のセンサー設置が不要です。また、同じ監視カメラ映像が、場内監視用途と画像処理用途で併用・効率化できることから、コストの削減や工事期間の短縮にもつながります。

Case

納入事例のご紹介

新東名高速道路(中日本高速道路株式会社様)

新東名高速道路のパーキングエリアに納入しました。駐車場に監視カメラを複数台設置し、画像処理技術で駐車スペースの空き状況を常時モニタリング。満車・混雑・空車などを場内の案内情報板や本線上の休憩混雑情報板に自動表示させることで、車両を空きゾーンへ円滑に誘導しています。また、逆走検知機能により突発事象をリアルタイムに検知し入退場を制限できるため、逆走事故の未然防止にも貢献しています。

ご相談・お見積り無料です。お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

Related Solution

関連ソリューション

駐車場満空監視誘導システム