土砂災害情報相互通報システム
地域住民の防災活動を支援

Overview

システムの概要

観測データや気象データを抽出・解析し、リアルタイムの情報を提供するとともに住民の皆様からの通報を共有化し、防災活動を支援するシステムです。
「土砂災害情報相互通報システム」は、自治体様で稼働中の観測システムから必要なデータ(雨量・水位)を抽出し、気象情報等とあわせ解析したリアルタイムの「砂防気象情報」をホームページで住民に情報提供するとともに、電話・FAX 等を利用して住民との相互通報を行うシステムです。
平常時から情報を提供することで住民の自主的防災対策を支援し、また、自治体様ではそれを活用することで迅速・的確な防災活動の支援を行うなど、自治体様、地域の皆様の災害防止に貢献しています。

Features

システムの特長

リアルタイムな情報発信

自治体独自の観測データと気象庁提供の気象情報をホームページでリアルタイムに発信します。

電話やFAXで情報提供可能

本システムが収集した気象情報を電話やFAXで提供できます。

前触れ情報の受け付け

土砂災害等の前触れ情報を住民から電話やFAXで受け付ける通報受付機能があります。

System Image

システムイメージ

Case

納入事例

土砂災害相互通報システム(大阪府箕面市ほか)

土石流テレメータの雨量情報を取り込み、気象情報と合わせて「砂防気象情報」として電話・FAX・インターネットを利用し、音声・文字・画像にて住民に情報を提供します。また、住民から市へ情報を上げることも可能です。

GPS 地すべり自動観測システム(大阪府)

従来、管理者が斜面の伸縮傾斜を観測および降雨情報を加味して危険度の判断を行っておりましたが、GPS技術により高精度の観測を行い、中継装置経由で管理事務所に観測データを送信、基線解析や時系列データ解析をすることが可能となりました。
また、専門技術者による安定性評価結果をWEB画面よりご確認いただくことも可能です。*
*別途、保守サービス契約が必要となります。

ご相談・お見積り無料です。お気軽にお問い合わせください。

WEBからのお問い合わせ

Related Solution

関連ソリューション
土砂災害情報相互通報システム