トップページ > ニュース > 製品・サービス > トランシーバーアプリ「Transceiver」の提供開始

証券コード:4341

トランシーバーアプリ「Transceiver」の提供開始
日付:2018年07月25日

 西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、『Seiryo Business Platform(SBP)』の現場コミュニケーションサービスの第三弾として、携帯電話アプリケーション「Transceiver(トランシーバー)」を2018年7月25日(水)より提供開始いたします。

Transceiverアプリ画面イメージ
(京セラ DURA FORCE® PROにインストールした場合)

■サービス内容
 Androidスマートフォン(5.1以降)に対応しておりますので、現在ご使用しているAndroidスマートフォンにインストールすることで初期投資を抑えることが可能です。
 機能としては、一斉通話、グループ通話、マルチ(複数)グループ通話、個別通話などの基本機能に加えて、強制通話、地域通話、近隣通話、マンダウン、一人安全サポート(Lone Worker)、音声モニター、録音、位置情報などのプロフェッショナル機能も備えており、堅牢型スマートフォンにインストールすれば過酷な環境下の業務でトランシーバーをご利用されているお客様にも最適です。また、インストール済みのアプリ、インターネット、外線電話もそのままご利用できます。
 利用方法としては、利用端末の接続制限(セキュリティ対策)によって許可した外注先をグループに追加して、通話することも可能です。
■利用例
 運送業、タクシー、バス、建設業、メンテナンスなど、音声ですぐに連絡を取り、指示を出すようなシーンに最適です。
※DURA FORCE®は京セラ株式会社の登録商標です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本件に関する問い合わせ先】
西菱電機株式会社 本社事務所:大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル
 広報グループ(本社事務所) TEL:06-6345-4160
 事業開発本部(東京支社)  TEL:03-5777-3944 E-mail:info@cs.seiryodenki.co.jp
URL:https://www.seiryodenki.co.jp/contact/


リリース(PDF):ダウンロード
関連ページ: チャットボット・翻訳機能付きチャットアプリ「Chat」の提供開始
関連ページ: ラクラク報告書作成アプリ「Check-in」の提供開始
関連ページ: LoRaWANを活用した農業IoTサービスの提供開始 伊丹市での実証実験では、定量的なデータに基づく栽培環境の管理を実現!
関連ページ: LoRaWAN™対応の環境センサーによる農業分野での実証実験実施のお知らせ
関連ページ: 製造業の生産現場を改善するIoTスターターキット提供開始!機器・サービス料込で年間10万円以下から利用可能!
関連ページ: 工場機械設備の稼働状況「見える化」に関する実証実験実施のお知らせ
  • 現在の株価
  • IRイベント
  • 最新IR資料ダウンロード