トップページ > ニュース > 製品・サービス > チャットボット・翻訳機能付きチャットアプリ「Chat」の提供開始

証券コード:4341

チャットボット・翻訳機能付きチャットアプリ「Chat」の提供開始
日付:2018年07月18日

 西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、『Seiryo Business Platform(SBP)』の現場コミュニケーションサービスの第二弾として、チャットボットや翻訳機能を搭載したビジネスチャットアプリケーション「Chat(チャット)」を2018年7月18日(水)より提供開始いたします。

Chatアプリ画面イメージ

■サービス内容
【料金プラン】1IDあたり200円~(税別)
【特徴】シャドーIT対策としてセキュリティを強化したアプリ。モバイル(※1)とパソコン両方から利用できるマルチデバイス対応。翻訳機能を

     標準搭載。オプションでチャットボット(※2)の利用もできます。

     ※1 スマートフォンはお客様にご用意いただきます。

     ※2 チャットボットは後日バージョンアップ予定です。


■背景
 企業内で利用できるようにセキュリティ対策をしたビジネスチャットアプリです。Android・iPhone・パソコンに対応。チャットの他、ステッカー、写真、位置情報、ドキュメントの添付ファイルの送信も可能です。パート・アルバイト・派遣社員などのスタッフが個人スマートフォンでアプリを利用しても、スタッフが離職後、企業管理者がアプリの利用を停止することができるので情報の持ち出しを防ぐことができます。また、ワンタッチで翻訳が可能なので、日本企業に採用された外国人や海外拠点における現地スタッフと駐在員のコミュニケーションなどをサポートします。企業ごとに辞書を登録することで、簡単なチャットボットを利用できるので、社内の問合せ対応などにもご活用できます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【本件に関する問い合わせ先】
西菱電機株式会社 本社事務所:大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル
 広報グループ(本社事務所) TEL:06-6345-4160
 事業開発本部(東京支社)  TEL:03-5777-3944 E-mail:info@cs.seiryodenki.co.jp
URL:https://www.seiryodenki.co.jp/contact/


リリース(PDF):ダウンロード
関連ページ: ラクラク報告書作成アプリ「Check-in」の提供開始
関連ページ: LoRaWANを活用した農業IoTサービスの提供開始 伊丹市での実証実験では、定量的なデータに基づく栽培環境の管理を実現!
関連ページ: LoRaWAN™対応の環境センサーによる農業分野での実証実験実施のお知らせ
関連ページ: 製造業の生産現場を改善するIoTスターターキット提供開始!機器・サービス料込で年間10万円以下から利用可能!
関連ページ: 工場機械設備の稼働状況「見える化」に関する実証実験実施のお知らせ
  • 現在の株価
  • IRイベント
  • 最新IR資料ダウンロード