トップページ > 事業案内 > 防災行政無線システム

証券コード:4341

事業案内SERVICE & PRODUCT

防災行政無線システム

製品・サービスの概要

防災行政無線は、各自治体が防災情報を収集し、また、住民に対して防災情報を周知するために整備している無線システムです。住民への連絡手段となる同報系および自治体様内部の連絡手段となる移動系の2種類に大別されます。 同報系は、市役所/役場に設置する親局から、必要に応じて構築する中継局を経由し、屋外拡声子局や戸別受信機への放送を行います。平時には住民へ地域情報の発信を行うことができます。 移動系は、市役所/役場に設置する統制局から基地局を経由し、車載型無線機/携帯型無線機/半固定型無線機といった移動局と通信を行います。移動局同士の通信も可能で、災害初動時に輻輳が予想される携帯電話の代替通信手段としても重要な役割を果たします。

特長

 
防災専用波の為、輻輳が無く信頼性が高い!
 
自治体様が必要とする通信エリアが自由に構築できる!
 
全国瞬時警報システム(J-ALERT(*))と連動した自動放送が可能!
 
デジタル化により双方向通信が可能となるとともに、文字情報などの送信も可能!
*J-ALERT:
大規模災害などの発生時に国(総務省消防庁)から配信された情報を通信衛星を用いて地方公共団体に伝達するシステム。

システム構成例 同報系

システム構成例 移動系

納入事例(福井県 大野市様)

「北陸の小京都」に防災行政無線システムを納入

屋外拡声子局を市内114箇所に設置するとともに戸別受信機を避難所や市関連施設に設置し、緊急時の住民への一斉連絡手段として、市役所・消防本部から情報伝達を行います。また、災害時の避難勧告など重要な防災情報や国民保護情報を音声やサイレンでお知らせすることができます。

お問い合わせ先

本製品に関するお問い合せは、こちらからお願いいたします。
▷製品に関するお問い合わせ

関連リンク

関連キーワード