トップページ > 事業案内 > 空港内車両位置情報システム

証券コード:4341

事業案内SERVICE & PRODUCT

空港内車両位置情報システム

製品・サービスの概要

空港内車両位置情報システム(Airport Vehicle Positioning System、以下AVPS)は、 無線アンテナを経由して、車両の現在地や進入禁止エリアの情報、空港内の車両走行状況などを車両と管制局、また車両同士で共有できるようにするシステムです。このシステムにより、空港内で活躍する滑走路保守車両や消防車両などを、より安全で効率的な運行管理を実現することが出来るようになります。

特長

 
設定した車両進入禁止エリアに車両が近づくと、車両に搭載した移動局装置の
アラームが鳴動し運転者に注意喚起!
 
工事情報などの空港内情報を車両に搭載した移動局装置と車両運用部門に設置される
ユーザ局装置間で視覚的にリアルタイムに表示させることで、車両運用部門と運転者間とで
状況に応じて柔軟な行動が可能に!

システム構成例

納入事例(国土交通省 東京航空局様)

東京国際空港に初めて空港内車両位置情報システムを納入

無線アンテナを経由し、車両の現在地や進入禁止エリアの情報、空港内の車両走行状況などを車両と管制局、また車両同士で共有できるなど、より安全で効率的な航空業務に役立っております。国土交通省 東京航空局様が実用機として発注したAVPSの第1号機として、当社のシステムを採用いただき、東京国際空港(羽田空港)にてご利用いただいております。

お問い合わせ先

本製品に関するお問い合せは、こちらからお願いいたします。
▷製品に関するお問い合わせ

関連リンク

関連キーワード